初心者のための簡単なフランス語講座


ここでは、初心者のために5分で終わるフランス語基礎講座と、 最も便利なフランス語を紹介します。 フランス語を覚えて現地で使ってみましょう。 たとえ簡単な言葉でも、実際に通じてみるとうれしいものですよ。


 
フランス生活情報

 フランス語の
勉強方


フランスでの住居の探し方

フランスでの仕事の探し方

フランス語の履歴書の書き方

フランスで銀行口座開設 

 フランスで携帯電話

フランスの祝日 

 フランス 飲食業界の法律

 フランスから日本へ荷物を送る料金(LA POSTE)

日本からフランスへの荷物を送る料金

 観光準備 

パスポート
ビザ
 支払い
チップ
 持ち物

その他のフランス生活情報 

 フランス国内航空券を安く買う

 パソコンでフランス語を入力する方法

フランス人の日本食の好き・嫌い

文化の違いで気付いたこと

フランスの日本レストランの歴史と現状

  
フランスの医療費は無料なのか?

レストランの楽しみ方・マナー

日本から輸入する

 
無料WIFI

フランス・日本の
ソフト互換性

(DVD、ビデオ、プレイステーション1・2・3、
Wii、DS、PSP、ブルーレイ) 
NEW
フランス語の話題 質問・掲示板
 
フランス語の基礎講座



基礎1   フランス語の語順はほぼ英語と一緒


まず、フランス語の語順がほぼ英語と一緒だということを覚えておいてください。
これを知っているだけでもずいぶん違います。
フランス語は英語と同じで「主語」を最初に言って、次に「動詞」を言います。
フランス語はそれだけで完璧な文章が出来ます。
まずは英語を例に基本を学びましょう。


  英語     I love.   (私は愛しています。)

フランス語  J’aime.(私は愛しています。)



まず、英語を見てください。
I が「私」という意味で love が「愛している」という意味です。
もし、I を You に変えれば、You love.
「あなたは愛しています。」という文が完成します。
また主語を He (彼)に変えれば He loves.
「彼は愛しています。」という文が完成します。
主語を好きな物に変える事によって、「誰」が愛している表現でも作れるようになります。
次に love の部分を色々な動詞に変えてみましょう。
I eat.
とすれば「私は食べる。」という意味です。
I wait.
とすれば「私は待っている。」という文になります。

これらは文句の付けようのない100%正しい英文です。
この世には何千という動詞・何千という名詞が存在するわけで、これを応用するだけで何千・何万ものフレーズを作ることが可能です。

ここで言いたいことは、 I love. という表現は最も基本でありながらも、ものすごく応用できるフレーズなんです。そして英語の基礎はここから始まります。

さらに文の最後を?にするだけで、疑問形もできてしまいます。

You love?
「あなたは愛してる?」
You wait?
「あなたは待ってる?」
などなど。

全く同じことがフランス語でも可能なんです。



J'aime.  ジェ ム (私は愛しています。)

フランス語で「私は」  Je(ジュ) です。
そして、愛していますは aimer(エメ)です。この2つの単語を色々な単語に置き換えるだけで、(英語と同じく)それだけで正しい文ができあがります。

例を見てみましょう。
まずは動詞の部分を様々な動詞に置き換えてみます。

Je commence.(私は始めます。)ジュ コマンス
Je mange.(私は食べます。)ジュ モンジュ
Je paie.(私は支払います。)ジュ ペイ
Je finis.(私は終えます。)ジュ フィニ
Je pars.(私は出発します。)ジュ パール



次は主語を違うものにしてみましょう。
主語をきみ「Tu・チュ」にしてみます。

Tu commences.(君は始めます。)チュ コマンス
Tu manges.(君は食べます。)チュ モンジュ
Tu paies.(君は支払います。)チュ ペイ
Tu finis.(君は終えます。)チュ フィニ
Tu pars.(君は出発します。)チュ パール


などなど。
これだけで基本的なフレーズは全て言う事が出来ます。

続いて、最後の「
.」を「?」に変えるだけで、疑問文の完成です。簡単ですね!

Tu commences?(君は始めますか。)チュ コマンス
Tu manges?(君は食べますか。)チュ マンジュ
Tu paies?(君は支払いますか。)チュ ペイ
Tu finis?(君は終えますか。)チュ フィニ
Tu pars?(君は出発しますか。)チュ パール


この部分がフランス語の最も基本的な部分です。
これさえ知っていれば、始めの一歩としてはバッチリです。
そしてこれを応用することからフランス語が始まります。

あなたはもう、理論上は、単語を色々な物に置き換えることで、何千・何万のフレーズを作れるようになりました。
質問をすることも可能になりました。そして質問に答えることもできるようになりました。

例 
Tu commences?
(君は始めますか?)チュ コマンス
→Je commence. (私は始めます。) ジュ コマンス

あなたは簡単な会話ができるようになりました。

(ついでに、「はい」はOui ウィ、「いいえ」はNon ノンです。)




さて、ここで追加して覚えてほしいことは、
J'aime. ジェ ム ・私は愛しています。
について。
Je ジュ が「私」でaime が「愛している」なわけですが、
なぜJe aime ではなく、J'aimeになってしまうのか?
フランス語ではa i u e oが連続するのを発音上嫌うときがあるんです。
(省略するかは場合による。)
そんなわけで ' を使って省略されています。

それから、
よく見るとJe (ジュ・私)のときと Tu (チュ・君)のときで動詞の綴りが少し違っているのがわかりますか?
J'aime. ジェ ム 私は愛している
Tu aimes. 
チュ エム きみは愛している

Tuの時は、動詞の後ろに s が加わっています。
これがフランス語の次なる大事な基礎になります。

これについては後で説明しますので今は気にしないでください。
発音はどちらも全く同じなので気にしないでください。



基礎2 フランス語の名詞には男の子と女の子がある。



フランス語では名詞(物の名前)を男か女に分けます。
全ての名詞は男か女に分かれています。
「は?」と思われるでしょう。
その通りです。
まったく、なんでそんなことをしているのかわかりませんが、全ての名詞は男か女かに分ける決まりになっているんです。絶対の決まりです。
うっとうしい決まりです。

例えば「花」は女です。「コップ」は男です。
「窓」は女です。「テーブル」は女です。その他もろもろ。


全部の名詞がこのように男か女に分かれているわけです。
しかも、決め方に決まりがあるわけではなくて、歴史の中でどこかの誰かが男と女に分けました。

なぜ???

わかりません。
フランス人もきっとわかりません。
残念ながらそうなっているんです。
ちなみに、名詞を男と女に分けるというのは、ヨーロッパの言語全体の特徴
です。
イタリア語もスペイン語もドイツ語もロシア語も、同じように男性名詞と女性名詞に分かれています。(ドイツ語・ロシア語では中性名詞もあります。)

ヨーロッパ言語では名詞の男と女は割りと共通しているので、フランス語の名詞の男と女を覚えれば、他の言語を学ぶときにも便利です。


フランス語では男性名詞と女性名詞によって、ほんの少しだけ文が変わります。どう文が変わるのでしょうか?

それは後で説明します。
今ここで説明すると、頭が混乱してしまうかもしれませんので、今はそんなことは気にせず、フランス語では名詞は「男の子」か「女の子」に分かれる、ということだけを覚えておいてください。

もっと詳しく知りたい人は下の 
簡単なフランス語講座+α をクリックしてください。
そこで、さらに詳しくフランス語を学びます。

☆ある程度しゃべれる人でも、名詞が男か女かを間違えることはあります。また、間違えても会話ではほとんど支障はありません。



基礎3 主語が変わると微妙に
動詞の発音(とつづり)が変化する



まず、主語とは何でしょう?

主語とは
「私」「キミ」「彼」「彼女」「私たち」「あなた」「彼ら」「彼女ら」
などのことです。
誰が文の動作を行うのかを示し、大抵、文の最初に持ってくる言葉です。

フランス語では、主語によって、動詞がちょっとだけ変化してしまいます。
(これがフランス語のめんどくさいところなのですが、なんとなく聞いておいてください。)

finir フィニール (終わる) という動詞を例に説明してみましょう。



finir フィニール は、
主語が「私」の時はfinis(フィニ)と発音します。
主語が「私たち」のときはfinissons(フィニソン)と発音します。
主語が「あなた」のときはfinissez(フィニセ)と発音します。



主語によって動詞が変化してしまうんです。
これを「動詞の活用」と呼びます。

主語によって動詞がどう変化するかは、暗記して覚えるしかありません。
しかし、その変化にはパターンがあり、一度その変化を覚えてしまいさえすれば、全ての動詞で問題なく活用することが出来ます。
慣れれば簡単に覚えていけるでしょう。

たとえ動詞の活用がめちゃくちゃでも、フランス人はたぶん理解してくれます。
なので、

まずは積極的にフランス語をつかってみましょう!


これで終わりです。5分で終わりましたか?(5分以上かかっちゃったかな。)
まだまだやる気のある方は、下の「簡単なフランス語講座+α」をご覧ください。
もう5分、簡単なフランス語を学びましょう。






便利なフランス語


Bonjour (ボンジュール)

おはよう。こんにちわ。
いつでもどこでも良く使う。お店に入ったらレジの人にも必ずボンジュールを言わないと、良くないことが起こる場合がある。
(相手のごきげんをそこねてサービスが受けられなかったり。)
駅のカウンターで切符を買うときにも言う。


S'il vous plait(スィルブプレ)

お願いします。
英語のplease(プリーズ)にあたる。何かをお願いするときに使う。
フランスではS'il vous plait を使ったりして丁寧に言わないと良くないことが起こるかも。


Merci.(メルスィー)

ありがとう。
いつでもどこでも良く使う。駅でもお店でもカフェでも、積極的に使おう。
言い過ぎても言い過ぎることのない言葉。言われることも多いので、理解できるとうれしい。


Au revoir.(オ・ヴォワール)

さようなら。
お店のレジでは使う。ものすごーくよく使いそうだけど、案外使わなかったりする。初心者には発音が大変難しい。


Pourquoi?(プークワ?)

なぜ?なぜですか?
言ってはみたものの、返ってきた答えが理解できないことも多い。


Pas du tout.
(パドュトゥ)

いいえ、まったく。
以前、私がピザ屋へ行ったとき、私のフランス語が全く通じなくて、店員に「英語はしゃべれますか?」とフランス語でたずねたらPas du tout.と言われました。


C'est bon.(セ・ボン)

大丈夫です。いいえ、けっこうです。それでかまいません。などなど・・・
よく使います。1日に1回は使います。
日本語の「けっこうです。」に当たる表現です。


Ça va?
(サバ?)

元気?調子はどう?
親しい人からは1日1回は言われる言葉です。サバ?(元気?)と聞かれたら答えもサバと答えれば良いです。
目上の人に言うとちょっと失礼になります。


Je ne comprends pas.(ジュヌ コンポンパ)

わかりません。理解できません。
困ったときはこの言葉で逃げましょう。


Je ne sais pas.(ジュヌ セパ)

知りません。
知らないときに使いましょう。(当たり前か。)


Je suis 
+ (自分の名前など)
(ジュ スュイ)

私は〜です。
自己紹介するときなどに使いましょう。







簡単なフランス語講座+α
もう+5分フランス語を学ぶ!









フランス語を勉強しよう!
フランス語版DVD、任天堂DSソフトの販売を始めました。私が個人で販売しています。
フランス語は楽しみながら覚えていくというのが大切です。
DVDやテレビゲームで楽しみながらフランス語を勉強してみてください。
フランス語音声や字幕での勉強は最高ですよ。
興味があればぜひご購入をよろしくお願いします。



 
フランス語版 DVD
選べる3枚セット

14900円
ジブリは全DVDでフランス語音声・フランス語字幕完備。
楽しく勉強できます。
 
フランス語版 DVD
選べる5枚セット

17500円
ジブリは全DVDでフランス語音声・フランス語字幕完備。
楽しく勉強できます。

フランス語版 DVD
となりのトトロ

MON VOISIN TOTORO
6900円  

フランス語版 DVD
天空の城ラピュタ

LE CHATEAU DANS LE CIEL
6900円 
 
フランス語版 DVD
ハウルの動く城

LE CHATEAU AMBULANT
6900円  
 
フランス語版 DVD
崖の上のポニョ

PONYO SUR LA FALAISE
6900円  
  
フランス語版 DVD
ハリーポッターシリーズ

1枚 6900円

フランス語版 任天堂DS
ドラゴンクエスト9

RPGはフランス語の勉強に最適!
楽しんで勉強できます。
9900円
 
フランス語版 任天堂DS
ドラゴンクエスト5

RPGはフランス語の勉強に最適!
楽しんで勉強できます。
13900円
 全商品を見る

その他、有名なDVDなら
ほとんどがフランス語版があります。
お気軽にお問い合わせください。



inserted by FC2 system