La nuit des musées 美術館の夜
ストラスブール

La nuit des museesとは、

1999年にフランスで始まった美術館・博物館が夜だけ無料になるイベントです。
普段、19:00ごろに閉まってしまう美術館ですが、夜中の25:00まで開き、人々に心行くまで美術を楽しんでもらうという目的で開かれます。
また、普段美術館を訪れることのできない大勢の人に、アイデンティティーや文化を再発見してもらいたいという思いで、そしてついでに人々に忘れられないための宣伝も兼ねたイベントです。
今ではヨーロッパ中で3000以上、フランスだけで1300以上の美術館が参加しています。

ただひたすらにほぼ全ての美術館が無料になり、手続きなどは全く必要ありません。
ストラスブールのみならず、ルーブル美術館やオルセー美術館なども軒並み無料で開かれます。

気軽な無料イベントですので、ぜひ美術館を訪ねてみてください。

2014年は
5月17日(土)19:30-25:00
です。

http://www.musees.strasbourg.eu/index.php?page=musees-jp

http://www.musees.strasbourg.eu/index.php?mact=News,cntnt01,detail,0&cntnt01articleid=4938&cntnt01origid=53&cntnt01returnid=423



各美術館情報はこちらのページを参照してください。


ストラスブールへようこそ


inserted by FC2 system